(最終更新日:2019-10-02 13:43:34)
  キム ヒョンジョン   KIM Hyeonjeong
  金 賢貞
   所属   国際関係学部 多文化コミュニケーション学科
   職種   講師
研究分野
  専門分野
文化人類学・民俗学 (キーワード:地域研究、韓国、文化遺産・文化財、まちづくり、ナショナリズム、ツーリズム) 
経歴
  学歴
1. 2007/03/23
(学位取得)
博士(筑波大学博甲第4191号)(文学)
業績
  著書・論文
1. 著書  「日本式建築物の観光資源化と地域ガバナンス」(第Ⅱ部第10章) (共著) 2018/03
2. 著書  「東日本大震災と離島の民俗文化―女川町出島の獅子振りを中心に―」(第2章第4節) (共著) 2014/01
3. 著書  「韓国における伝統文化の伝承と国家施策―文化財保護法にもとづく『伝授教育制度』を中心に―」(第1部第4章) (共著) 2013/11
4. 著書  『「創られた伝統」と生きる―地方社会のアイデンティティー―』 (単著) 2013/09
5. 著書  「韓国の無形文化財保護システムにおける『伝授教育制度』」(第Ⅰ部コラム) (共著) 2013/02
全件表示(37件)
  学会発表
1. 2018/10/20 「韓国の登録文化財制度と『日帝残滓』の資源化」(韓国・朝鮮文化研究会第19回研究大会シンポジウム「コンテンツ時代における文化財」)
2. 2018/02/03 「語りはじめた植民地遺産:現代韓国における新しい『近代』展示施設の誕生と展示内容を中心に」(韓国・朝鮮文化研究会第63回研究例会)
3. 2017/05/27 「あいまいなダークツーリズム―韓国群山市における『群山時間旅行祝祭』を事例に―」(日本文化人類学会第51回研究大会)
4. 2017/02/10 Displaying Negative Heritage in Contemporary South Korea: Change of Evaluation of Japanese Colonial Architecture and Negotiating Dissonance(The Russia Japan Workshop 2017: Asian Studies at NSU and TU Ⅱ)
5. 2016/06/26 Who Needs the Shishifuri Lion Dance?: Interpretations and Changes to Intangible Cultural Heritage after the Great East Japan Earthquake(Association for Asian Studies, AAS-in-ASIA conference (Kyoto, 2016) “Asia in Motion: Horizons of Hope”)
全件表示(25件)
その他
  所属学会
1. 2002/04~ 日本民俗学会
2. 2007/03~ 比較民俗学会
3. 2019/03 ∟ 研究委員
4. 2016/04~ 日本文化人類学会
5. 2017/04~ 韓国朝鮮文化研究会
全件表示(6件)
  研究課題・受託研究・科研費
1. 2018/04~2021/03  「現代韓国における植民地史の再編と文化資源化に関する研究」 文部科学省科学研究費助成事業基盤研究(C) 
2. 2015/04~2018/03  「海の生産と信仰・儀礼をめぐる文化体系の日韓比較研究」 国際共同研究 
3. 2014/04~2015/03  「日本と韓国における村落の歴史と景観」 国内共同研究 
4. 2014/04~2017/03  「韓国地域社会における社会関係資本の生成・変化とローカリティ構築に関する実証的研究」 文部科学省科学研究費助成事業若手研究(B) 
5. 2012/04~2013/03  「現代韓国のまちづくりにおける負の遺産とガバナンスに関する調査研究」 文部科学省科学研究費助成事業研究活動スタート支援 
全件表示(10件)