ヤジマ ミツコ   Yajima,Mitsuko
  矢嶋 美都子
   所属   法学部 法律学科
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2007/01
形態種別 大学・研究所等紀要
標題 「古代中国人の狂の観念-佯狂の変遷を中心に」
執筆形態 単著
掲載誌名 『亜細亜法学』
出版社・発行元 亜細亜大学法学研究所
巻・号・頁 41巻2号(法学部40周年記念号)
概要 古代中国で孔子が中庸を得ない者と括弧つきながらも楚狂接與や佯狂箕子を是認し「被髪佯狂」が容認された。漢代には狂(佯狂)は罪されず殺されない側面に無用な殺生を回避できる効用が見出され公認された。六朝では政権交代期に出仕拒否に利用され「方外の士」と区別されたが、狂病のもつ凶暴性が狂(佯狂)に包含され過激な形態に変容した結果佯狂はいなくなり、山水遊賞に耽る「狂士」の出現をみて、以後は観念化言語化された狂になる、こういった狂(佯狂)の観念の変遷をたどり、古代の日本にも影響した狂(佯狂)を論証した。
ISSN 0388-6611