イタガキ フミヒコ   Itagaki,Fumihiko
  板垣 文彦
   所属   経営学部 経営学科
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 1995/11
形態種別 大学・研究所等紀要
標題 「乱数生成課題による数表象空間の構成と生成時間の関連について」
執筆形態 単著
掲載誌名 『亜細亜大学教養部紀要』
出版社・発行元 亜細亜大学
巻・号・頁 52号,141-162頁
概要 人間の生成した「乱数」系列を基に、多次元尺度構成法を用い、2次元、3次元、および非対称型の2次元数表象布置を求めた。2次元布置では、数表象は円環状の配列を示し、1から5までの小さな数は6から10までの大きな数の配列に比較して密になった。被験者個々のデータについて数表象間の移動距離と生成時間の相関を求めたところr=.632であったが、さらに、ランダム性指標RIPを距離縮小パラメーターとすることでr=.714に高めることができた。