イタガキ フミヒコ   Itagaki,Fumihiko
  板垣 文彦
   所属   経営学部 経営学科
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 1984/01
形態種別 論文その他
標題 「乱数生成の心理学的研究」
執筆形態 単著
掲載誌名 日本大学大学院修士論文
概要 乱数生成課題は被験者に1から10までの10個の数字を用いてランダムな系列を呼唱生成させるものである。この課題は「ランダム」という概念を個々の被験者が独自の様式で構築するという点で、発達的な概念獲得過程の研究や知能、創造的思考の研究手段として注目されてきた。しかし、比較的短い数系列のランダム性を評価できる有効な指標がないという根本的な問題点が指摘されていた。この論文では、まずランダム性をポリヤ・エッゲンベルガー分布のパラメーターで表現する新しい指標を開発し、次に多次元尺度構成法を用いた乱数系列の特徴分析法を考察した。これらの手法を用いて小学1年生から中学3年生まで、各学年30名、計270名を対象に分析を行った結果、小学1年生は小学2年生以降に比較してランダム性が低いことが明らかになった。また、多次元尺度法による分析からは学年が上がるにつれて自然数系列の影響が明確になっていく傾向が認められた。この研究では北海道根室管内教育研究所の協力を得た。