ターバーフィールド ピーター   TURBERFIELD Peter
  ターバーフィールド ピーター
   所属   国際関係学部 国際関係学科
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2012/12
形態種別 学術雑誌
標題 A View of French Studies in Japan
執筆形態 単著
出版社・発行元 French Studies Bulletin
巻・号・頁 Vol.33(Issue 125),pp.72-74頁
概要 本稿は、《日本フランス語フランス文学会》の活動について、年に二度開かれる大会と年に二度刊行される学会誌についてをも含めて要約するものである。また、この文学会とフランス語を話す他の国の組織、および『Revue de collaboration culturelle franco-Japonaise』や『Ebisu』などの刊行物、との関係について考察する。この文学界の活動は、19世紀から現在に至るまでのフランス紀行文学を始めとする日本について書かれた文献の中の何が関心を持たれているのか、その全体像を明らかにしている。特にジャポニズムへの心酔という点に着目して、Pierre Loti、Edmond de Goncourt、Proustなどの作家について考察を行っているこの文学会は、さらに政治性の強いAnatole France、Claude Farrere、Henri Michauxといった作家についても研究し、Paul Claudel、Roland Barthes、Michel Butor、Margueritte Durasなどを、大会で度々取りあげている。