マスハラ アヤコ
  増原 綾子   国際関係学部 多文化コミュニケーション学科   准教授
    専門分野
  政治学, 地域研究 (キーワード:政治学、地域研究、インドネシア政治、比較政治、個人支配、民主化、政治体制) 
    学歴
1. 1989/04~1994/03 東京大学 教養学部 教養学科第3国際関係論専攻 卒業 学士(教養)
2. 1994/04~1996/03 東京大学大学院 総合文化研究科 国際関係論専攻 修士課程修了 修士(学術)
3. 1996/04~2004/03 東京大学大学院 総合文化研究科 国際社会科学専攻 博士課程単位取得満期退学
4. 2000/06~2002/10 インドネシア大学 日本研究センター客員研究員
5. 2007/10/25
(学位取得)
東京大学大学院総合文化研究科国際社会科学専攻修了 博士(学術)
    略歴
1. 2003/04~2004/03 東京大学 21世紀COEプログラム研究拠点形成アシスタント
2. 2005/04~2010/03 大東文化大学 外国語学部 非常勤講師
3. 2005/05~2008/03 東京大学 社会科学研究所 研究支援推進員
4. 2006/08~ 放送大学 非常勤講師
5. 2008/04~2010/03 大東文化大学 国際関係学部 非常勤講師
全件表示(6件)
    メールアドレス
  
    著書・論文
1. 著書  『スハルト体制のインドネシア――個人支配の変容と一九九八年政変』  (単著)  2010/10
2. 著書  『入門 東南アジア現代政治史』  (共著)  2010/03
3. 論文  「ポスト・スハルト期のインドネシアにおける社会保障・福祉政策の展開――2004年国家社会保障システム法、2009年社会福祉法、2011年貧困者対策法を中心に――」  (単著)  2012/09
4. 論文  「インドネシアにおける政軍関係の変容――2002年国防法及び2004年国軍法に注目して」  (単著)  2012/03
5. 論文  「政変を比較する――インドネシアの一九九八年政変とチュニジア・エジプトの政変」  (単著)  2012/03
全件表示(22件)
    講師・講演
1. 2011/07 「政軍関係から見るインドネシア政治――発展途上国におけるシビリアン・コントロールの問題――」
    学会発表
1. 2012/06/23 「ポスト・スハルト期のインドネシアにおける社会保障・社会福祉制度の発展」(東京大学社会科学研究所 東アジア雇用保障研究会)
2. 2011/07/24 「政変をどう分析するか――インドネシアの事例から――」(上智大学イスラーム地域研究 研究会)
3. 2011/04/17 「政変・民主化を考える――インドネシアの事例から」(地域研究コンソーシアム(JCAS)「地域の知」シンポジウム「中東から変わる世界」(於 京都大学))
4. 2009/06/28 「民主化過程におけるインドネシア国軍の政治的『後退』」(日本比較政治学会(於 京都大学))
5. 2007/12/08 「インドネシア政変過程における合意形成」(東南アジア学会(於 立教大学))
    所属学会
1. 1997/04~ アジア政経学会
2. 2005/04~ 日本国際政治学会
3. 2007/01~ 東南アジア学会
4. 2007/01~2010/12 ∟ 総務担当委員
5. 2013/01~ ∟ 会計担当委員
全件表示(6件)
    研究課題・受託研究・科研費
1. 1999/04~2000/03  「軍はなぜイスラームを抑圧するのか」  その他の補助金・助成金 
2. 2000/04~2001/03  「軍部とイスラーム:インドネシア・スハルト政権における国軍とイスラームの関係」  その他の補助金・助成金 
3. 2002/04~2003/03  「1970-1980年代におけるスハルト政権とイスラーム」  その他の補助金・助成金 
4. 2006/04~2008/03  「インドネシア民主化移行過程における合意形成」  若手研究B 
5. 2010/04~2011/03  『スハルト体制のインドネシア――個人支配の変容と一九九八年政変』  研究成果公開促進費『学術図書』 
全件表示(8件)
    受賞学術賞
1. 2011/06 第27回大平正芳記念賞 受賞 受賞作『スハルト体制のインドネシア――個人支配の変容と一九九八年政変』

gakumu@asia-u.ac.jp(総合企画部学務課)
〒180-8629 東京都武蔵野市境5-24-10 亜細亜大学
Copyright©Asia university All rights reserved.