(最終更新日:2019-01-08 14:35:23)
  マスハラ アヤコ   MASUHARA Ayako
  増原 綾子
   所属   国際関係学部 多文化コミュニケーション学科
   職種   准教授
研究分野
  専門分野
政治学, 地域研究 (キーワード:政治学、地域研究、インドネシア政治、比較政治、政治体制、民主主義) 
  担当科目
1. プレ専門ゼミ
2. 専門ゼミ
3. 総合ゼミ
4. 東南アジアの政治と外交
5. 東南アジアの社会と文化
経歴
  学歴
1. 1989/04~1994/03 東京大学 教養学部 教養学科第3国際関係論専攻 卒業 学士(教養)
2. 1994/04~1996/03 東京大学大学院 総合文化研究科 国際関係論専攻 修士課程修了 修士(学術)
3. 1996/04~2004/03 東京大学大学院 総合文化研究科 国際社会科学専攻 博士課程単位取得満期退学
4. 2000/06~2002/10 インドネシア大学 日本研究センター客員研究員
5. 2007/10/25
(学位取得)
東京大学大学院総合文化研究科国際社会科学専攻修了 博士(学術)
  略歴
1. 2003/04~2004/03 東京大学 21世紀COEプログラム研究拠点形成アシスタント
2. 2005/04~2010/03 大東文化大学 外国語学部 非常勤講師
3. 2005/05~2008/03 東京大学 社会科学研究所 研究支援推進員
4. 2006/08~2012/03 放送大学 非常勤講師
5. 2008/04~2010/03 大東文化大学 国際関係学部 非常勤講師
全件表示(7件)
業績
  著書・論文
1. 著書  (教科書)『はじめての東南アジア政治』 (共著) 2018/11
2. 著書  (論文)「インドネシア――高齢化と人の移動のダイナミズム」「人口センサスにおける試行錯誤の民族分類」 (共著) 2017/09
3. 著書  (論文)「民主化期のインドネシアにおける政軍関係と市民社会」 (共著) 2016/04
4. 著書  (教科書)『入門 東南アジア現代政治史【改訂版】』 (共著) 2016/03
5. 著書  (Book) The End of Personal Rule in Indonesia: Golkar and the Transformation of the Suharto Regime (translated by Yuri KAMADA) (単著) 2015
全件表示(39件)
  講師・講演
1. 2011/07 (講演)「政軍関係から見るインドネシア政治――発展途上国におけるシビリアン・コントロールの問題」
2. 2014/07 (講演)「2014年インドネシア総選挙・大統領選挙とユドヨノ政権の10年」(渋谷区民会館)
  学会発表
1. 2018/10/05 (研究会発表)「インドネシアの政軍関係――民主化によって何が変わり、何が変わらないのか」(アジア・パシフィック・イニシアティブ政軍関係研究会)
2. 2018/06/02 (研究会発表)「インドネシア世論調査結果報告」(新学術領域科研「グローバル関係学」計画研究A01班・「グローバル関係学」確立のための新たな方法論探究プロジェクト共催研究会)
3. 2018/03/01 (研究会発表)「インドネシアをめぐる最近の政治情勢」(国際情勢研究所東南アジア研究会)
4. 2017/03/02 (研究会発表)「インドネシア統一知事選をめぐる情勢 ――イスラム勢力による動員政治に注目して」(国際情勢研究所東南アジア研究会)
5. 2016/06/18 (学会発表)「インドネシアにおける国境をめぐる問題」(アジア政経学会春季研究大会)
全件表示(18件)
  教育上の能力
●作成した教科書、教材
1. 2006/07 (DVD教材)放送大学面接授業(インドネシア語)で使用するDVD教材の企画・製作
2. 2010/03 (教科書)中野亜里・遠藤聡・小高泰・玉置充子・増原綾子『入門 東南アジア現代政治史』福村出版
3. 2018/11 (教科書)増原綾子・鈴木絢女・片岡樹・宮脇聡史・古屋博子『初めての東南アジア政治』有斐閣ストゥディア・シリーズ
その他
  所属学会
1. 1997/04~ アジア政経学会
2. 2017/10~2019/10 ∟ 書評委員
3. 2005/04~ 日本国際政治学会
4. 2007/01~ 東南アジア学会
5. 2007/01~2010/12 ∟ 総務担当委員
全件表示(11件)
  委員会・協会等
1. 2014/01~ 一般財団法人世界政経調査会国際情勢研究所 東南アジア研究会
2. 2018/04~ アジア・パシフィック・イニシアティブ(API) 政軍関係研究会
  研究課題・受託研究・科研費
1. 2016/04~2020/03  「グローバル秩序の溶解と新しい危機を超えて:関係性中心の融合型人文社会科学の確立」 新学術領域研究 
2. 2014/04~2017/03  「人口センサスからみた東アジア8カ国・地域の社会大変動の比較と今後の展望」 基盤研究B 
3. 2013/04~2015/03  『The End of Personal Rule in Indonesia』 研究成果公開促進費『学術図書』 
4. 2012/04~2016/03  「政軍関係に見るインドネシアの民主化」 基盤研究C 
5. 2012/04~2016/03  「現代中東・アジア諸国における軍の体制維持の役割」 基盤研究A 
全件表示(11件)
  受賞学術賞
1. 2011/06 第27回大平正芳記念賞 受賞 受賞作『スハルト体制のインドネシア――個人支配の変容と一九九八年政変』