フジムラ ノゾミ
  藤村 希   経済学部 経済学科   准教授
    専門分野
  英米・英語圏文学 (キーワード:アメリカ文学・文化、ジェンダー研究、評伝研究) 
    学歴
1. 2009/09/01
(学位取得)
U.S.A ニューヨーク州立大学バッファロー校 修了 Ph.D.
    略歴
1. 2008/04~2012/03 立教大学 文学部 助教
    著書・論文
1. その他 書評 竹内勝徳・高橋勤編 『身体と情動―アフェクトで読むアメリカン・ルネサンス』  (単著)  2016/12
2. 著書  成田雅彦・西谷拓哉・高尾直知編著 『ホーソーンの文学的遺産―ロマンスと歴史の変貌』 ( 「ホーソーンとフォークナーの「イタリア」―『大理石の牧神』と『響きと怒り』における南北戦争の影」 担当執筆 )  (共著)  2016/05
3. 論文  流血のテクスト―Nathaniel Hawthorneの"Chiefly about War-Matters"と"Northern Volunteers"  (単著)  2016/03
4. 論文  未完の再生―『大理石の牧神』のホーソーン後期作家経歴における意義  (単著)  2015/12
5. 論文  エミリー・ディキンソンのファシクル24と南北戦争  (単著)  2015/03
全件表示(24件)
    講師・講演
1. 2012/12 ナサニエル・ホーソーンの南北戦争―"Chiefly about War-Matters"を読む
    学会発表
1. 2016/05/29 分裂する国家とその表現―ホーソーンの"Chiefly about War-Matters"とディキンスンの詩 (シンポジウム:ディキンスンと戦争と政治―他作家との比較をまじえて)(日本英文学会全国大会)
2. 2014/01/11 At Odds with Home: Family, Community, and Belonging in Hawthorne's Final Year(MLA Convention)
3. 2012/06/10 "Between Two Countries, We Have None At All": Transatlantic Wars and the Whereabouts of Hawthorne's Last Romance(Conversazioni in Italia: Emerson, Hawthorne, and Poe)
4. 2011/06/25 "A Citizen of Somewhere Else"―The Scarlet Letterにおける死者・共同体・ロマンス(日本アメリカ文学会東京支部例会)
5. 2011/05/21 The Scarlet Letter と税関のワシ―ホーソーンにおける個人と共同体の関係再考 (シンポジウム:アメリカン・ルネッサンス研究の新潮流)(日本ナサニエル・ホーソーン協会全国大会)
全件表示(12件)
    所属学会
1. 1999/04~ 日本ナサニエル・ホーソーン協会
2. 2013/06~ ∟ 国際渉外室
3. 1999/04~ 日本アメリカ文学会
4. 2012/04~2014/03 ∟ 東京支部運営委員
5. 1999/04~ 日本英文学会
全件表示(10件)
    研究課題・受託研究・科研費
1. 2011/04~2015/03  ホーソーンと南北戦争前のコンテクスト―ジェンダーの観点からの研究  科学研究費補助金 若手研究(B) 

gakumu@asia-u.ac.jp(総合企画部学務課)
〒180-8629 東京都武蔵野市境5-24-10 亜細亜大学
Copyright©Asia university All rights reserved.