タチオ マコト
  立尾 真士   経済学部 経済学科   准教授
    専門分野
  日本文学 (キーワード:文学、日本文学、日本近代文学) 
    学歴
1. 1996/04~2000/03 早稲田大学 第一文学部 哲学科 卒業 学士(文学)
2. 2001/04~2003/03 早稲田大学大学院 文学研究科 日本語日本文学専攻 修士課程修了 修士(文学)
3. 2003/04~2009/03 早稲田大学大学院 文学研究科 日本語日本文学専攻 博士課程単位取得満期退学
4. 2010/06/16
(学位取得)
早稲田大学大学院 博士(文学)
    メールアドレス
  
    著書・論文
1. 著書  『「死」の文学、「死者」の書法―椎名麟三・大岡昇平の「戦後」―』  (単著)  2015/10
2. 論文  独裁・脱出・革命―グローバル資本主義下の村上龍文学―  (単著)  2017/05
3. 論文  「滑稽」と「ユーモア」―椎名麟三『自由の彼方で』を中心に  (単著)  2017/05
4. 論文  <死>と<危急>―椎名麟三『赤い孤独者』論―  (単著)  2014/01
5. 論文  大岡昇平と「散文精神」―ベルクソン・ブハーリン・戦争小説―  (単著)  2013/11
全件表示(31件)
    学会発表
1. 2016/05/14 (シンポジウム)キリスト教と〈笑い〉―太宰治、椎名麟三、遠藤周作の文学からのアプローチ(日本キリスト教文学会 2016年度 第45回全国大会)
2. 2015/12/05 歴史と潜勢力―大岡昇平『天誅組』をめぐって―(早稲田大学国文学会 2015年度秋季大会)
3. 2013/11/09 〈エネルギー〉と〈エコノミー〉――村上龍における「群衆」――(昭和文学会 2013年度秋季大会)
4. 2011/10/15 「戦後文学」の思考/志向――『近代文学』同人の言説に見る「戦後」――(亜細亜大学 第9回総合学術文化学会)
5. 2007/11/17 「悲劇」・「喜劇」・「責任」―「大岡昇平のシニシズム」から『抱擁家族』へ―(昭和文学会 2007年度秋季大会)
全件表示(6件)
    所属学会
1. 日本文学協会
2. 2015/12~ ∟ 委員
3. 日本近代文学会
4. 2013/04~2015/03 ∟ 運営委員
5. 早稲田大学国文学会
全件表示(7件)
    researchmap研究者コード
  B000219411
    科研費研究者番号
  50608958

gakumu@asia-u.ac.jp(総合企画部学務課)
〒180-8629 東京都武蔵野市境5-24-10 亜細亜大学
Copyright©Asia university All rights reserved.