オノエ ノリコ
  尾上 典子   経営学部 ホスピタリティ・マネジメント学科   教授
    標題
  「21世紀のDisney芸術-TokyoDisneySeaにおける“BraviSEAmo!”を中心として-」
    概要
  2004年7月Tokyo DisneySeaに誕生した水上ショー“BraviSEAmo!”を、世界の大衆芸術史に偉大な足跡を残す、高度に洗練された超一流のエンターテインメントとして捉え、絵画・演劇・映画その他の表現手段によって創造できなかった「生命ある芸術」を完成させた非常に独創的なこの作品が、ドイツ・ロマン派の文学の強い影響を受けていたWalt Disneyの精神を継承し開花させたものであることを論証した。本稿は、講談社月刊誌『ディズニーファン』が主催した「ディズニーを愛してやまない3氏が語った東京ディズニーシー『ブラヴィッシーモ!』の魅力」の鼎談の席で、私が述べた内容を発展させたものである。
  単著   『経営学紀要』   亜細亜大学短期大学部学術研究所   13巻(1号),1-30頁   2005/07

gakumu@asia-u.ac.jp(総合企画部学務課)
〒180-8629 東京都武蔵野市境5-24-10 亜細亜大学
Copyright©Asia university All rights reserved.