オノエ ノリコ
  尾上 典子   経営学部 ホスピタリティ・マネジメント学科   教授
    標題
  「Wyoming における牧畜産業の文化史的研究―Johnson County Warを中心として―」
    概要
  1889-92 年にWyoming 州Johnson Countyを中心として大牧畜業者の組織 Wyoming Stock Growers' Association と小牧畜業者及び農民の間で起こったJohnson County Warは、Wyoming の牧畜産業の歴史上無視できない大事件であったのみならず、アメリカ西部史上に特筆すべき内乱の一つとして社会的・政治的意義を持つものである。本稿では、まず19世紀末のWyomingの牧畜産業とその社会背景について考察し、次にこの闘いがアメリカ文化史上に占める意義について述べた後、Johnson County Warの全貌について詳細な歴史的分析を行ない、更に文学作品や映画の中で描かれたJohnson County Warがアメリカ人の精神風土をいかに反映しているかについて論考を行なった。
  単著   『経営学紀要』   亜細亜大学短期大学部学術研究所   5巻(1号),11-67頁   1997/09

gakumu@asia-u.ac.jp(総合企画部学務課)
〒180-8629 東京都武蔵野市境5-24-10 亜細亜大学
Copyright©Asia university All rights reserved.