ハラ ヒトシ
  原 仁司   経営学部 ホスピタリティ・マネジメント学科   教授
    標題
  『これからの文学研究と思想の地平』
    概要
  日本近代文学研究者とフランス文学研究者による、原理的地平からの文学再生・再建への提言。私(原)は、記憶と表象との連関について論述。「物語論」をテクスト論や記号論の呪縛からとき放ち「物語行為論」あるいは「物語生成行為論」として改めて問い直した。「物語」を編み出す行為において、「記憶」がいかに重要な意義を果たしうるか、が論じられている。
  共著   右文書院      2007/07

gakumu@asia-u.ac.jp(総合企画部学務課)
〒180-8629 東京都武蔵野市境5-24-10 亜細亜大学
Copyright©Asia university All rights reserved.