ハラ ヒトシ
  原 仁司   経営学部 ホスピタリティ・マネジメント学科   教授
    標題
  『太宰治研究 第14輯』
    概要
  定期的に刊行されている太宰治に関する作品論・作家論等が掲載されている論集。今回は、終戦直後の太宰治作品についての論稿が多数掲載されている。私(原)は、「薄明」という、太宰の事実上の戦後第一作を論じている。戦前・戦中の太宰の実生活を丹念に調査しつつ、この作品が小品ながら太宰治の文学においてきわめて重要な意味と位置をもっていることを分析。太宰文学の戦後における可能性を論じたものである。
  共著   和泉書院      2006/06

gakumu@asia-u.ac.jp(総合企画部学務課)
〒180-8629 東京都武蔵野市境5-24-10 亜細亜大学
Copyright©Asia university All rights reserved.