ハラ ヒトシ
  原 仁司   経営学部 ホスピタリティ・マネジメント学科   教授
    標題
  『表象の限界』
    概要
  言語表象の限界性を主体や罪、倫理の観点から論考したもの。西洋の現代批評や日本の文学研究、現代批評を織りまぜつつ、ポストモダン思想を批判。日本におけるポストモダン思想批判の草分けともいえる著作である。後半三分の一の論稿は、近代文学研究の中でポストモダン思想に関わる旧論稿を集めてある。全275頁
  単著   御茶の水書房      2004/06

gakumu@asia-u.ac.jp(総合企画部学務課)
〒180-8629 東京都武蔵野市境5-24-10 亜細亜大学
Copyright©Asia university All rights reserved.