オオシマ マサカツ
  大島 正克   経営学部 ホスピタリティ・マネジメント学科   教授
    標題
  『文献学説による原価計算論の研究』
    概要
  執筆担当部分:第3部 文献目録
本書は、第 1部概説、第22部文献研究、第 3部文献目録より成る。第 3部の和書の部(単行本および各大学の紀要)を担当。単行本については昭和30年以降のものを列挙し、その中から主要と考えられる文献について簡潔なる注釈を付している。各大学の紀要については主に昭和40年以降の論文について検討し、その中から主要と考えられるものについて要約的な注釈を付している。200字詰 124枚

  編共著者:青木茂男(早稲田大学教授)櫻井通晴(専修大・教授)東海幹夫(青山学院大教授)山田庫平(明治大・教授)野々山隆幸(横浜国立大学・助教授)稲田卓次(日本大・教授)吉川武男(横浜国立大助教授)竹本達廣(専修大・助教授)井上毅之(福岡大・教授)志村正 (創価大・専任講師)
  共著   中央経済社      1983/05

gakumu@asia-u.ac.jp(総合企画部学務課)
〒180-8629 東京都武蔵野市境5-24-10 亜細亜大学
Copyright©Asia university All rights reserved.