オオシマ マサカツ
  大島 正克   経営学部 ホスピタリティ・マネジメント学科   教授
    標題
  経営戦略に対する管理会計の役立ち
    概要
  製造業にしても販売業にしても、業種によって販売する製品(サービスも含む)の売上原価率(売上原価÷売上高、以下、売上原価率)がかなり異なる。本稿では、戦略経営に対する管理会計の役立ちという観点から、売上原価率の以下の3タイプの産業から、戦略経営にて取り上げられているビジネスモデルを検証している。
(1)高レベル売上原価率産業  売上原価率 70%~90%
(2)中レベル売上原価率産業  売上原価率 40%~70%
(3)低レベル売上原価率産業  売上原価率 20%~40%

  大島 正克
  単著   戦略経営ジャーナル   国際戦略経営研究学会   3(3),261-289頁   2014/12

gakumu@asia-u.ac.jp(総合企画部学務課)
〒180-8629 東京都武蔵野市境5-24-10 亜細亜大学
Copyright©Asia university All rights reserved.