オオシマ マサカツ
  大島 正克   経営学部 ホスピタリティ・マネジメント学科   教授
    標題
  『管理会計論』
    概要
  執筆担当部分:第2章第4節 個別計画第3章第3節 原価管理第4章第3節 多国籍企業 管理会計
本書は、計画会計と統制会計という枠組を基本におき、利益計画、予算管理、組織と管理会計との関連などに焦点をあてている。(担当部分について)第 2章第 4節は、計画会計の一環としての個別計画を、業務的個別計画と戦略的個別計画とに分類し、それぞれについて具体的なケースとその解説という形式で論を進めている。第3章第 3節は、統制会計の一環としての原価管理を、意義、標準原価計算による原価管理、コスト・マネジメントとしての原価管理という構成で検討している。第 4章第 3節は、管理会計各論の一つとして、多国籍企業を対象した管理会計をとりあげ、とくに、振替価格設定と業績評価の面からのアプローチを試みている。200字詰 第 2章第 4節 個別計画   48 ~ 133頁  99枚第 3章第 3節 原価管理  226 ~ 250頁  89枚第 4章第 3節 多国籍企業 287 ~ 303頁  57枚管理会計

  編共著者:原田行男(日本大学教授)吉村文男(金沢大学教授)菊井高昭(上智大学助教授)
  共著   高文堂出版社      1983/01

gakumu@asia-u.ac.jp(総合企画部学務課)
〒180-8629 東京都武蔵野市境5-24-10 亜細亜大学
Copyright©Asia university All rights reserved.