オオシマ マサカツ
  大島 正克   経営学部 ホスピタリティ・マネジメント学科   教授
    標題
  「わが国の公害に関する環境管理学的検証:水俣病のアテリアルフローコスト会計」
    概要
  最近の環境管理会計において、マテリアルフローコスト会計の開発は目覚しいものがある。この環境管理会計技法を実際に事例に応用し検証している。大島は、1の総論「日本における公害への対策と環境管理会計の親展」を執筆した。マテリアル(原材料)のフロー(流れ)と原価の流れとを両立させてマテリアルの流れを把握し管理するところにマテリアルフローコスト会計の利点があるが、石灰岩から最終の合成酢酸の製造過程で触媒として使用された硫化第二水銀の流れがマテリアルフローとして明らかにされた。
  共著者:竹森一正(中部大学教授)
  共著   『経営情報学部論集』   中部大学経営情報学部   20巻1/2号   2006/03

gakumu@asia-u.ac.jp(総合企画部学務課)
〒180-8629 東京都武蔵野市境5-24-10 亜細亜大学
Copyright©Asia university All rights reserved.