オオシマ マサカツ
  大島 正克   経営学部 ホスピタリティ・マネジメント学科   教授
    標題
  「中国国営企業における中国的責任会計の生成と発展」
    概要
  本稿は、Skousen,C.R. and Yang,J.-L.[1988] が提示した中国国営企業における「経営管理システムの分類と会計責任センターの対応関係」というフレームワークを用い、中国国営企業における中国的責任会計の生成と発展について検討している。具体的には、その分析要素として、国営企業の経営管理者の意思決定自主権と経済責任の内容およびその関与範囲に焦点を当て、それらと西側の責任会計でいう会計責任センターの場合とを対比し検討している。
  単著   『亜細亜大学経営論集』   亜細亜大学経営学会   34巻1号   1999/02

gakumu@asia-u.ac.jp(総合企画部学務課)
〒180-8629 東京都武蔵野市境5-24-10 亜細亜大学
Copyright©Asia university All rights reserved.