オオシマ マサカツ
  大島 正克   経営学部 ホスピタリティ・マネジメント学科   教授
    標題
  「台湾の会計制度の国際化と調和化-国際会計基準(IAS) との比較を中心として-」
    概要
  本稿は、まず、これまでの日本における「台湾の会計制度」研究を概観した後、台湾における会計制度の国際化及び調和化に焦点を当て、会計基準・監査基準の設定活動を中心に検討している。特に台湾の「財務会計準則」がどのくらい国際会計基準(IAS) に調和化しているかについて、Graham,R.C.and Wang,C.-h.C.[1995] 論文等に準拠しながら検討し、更にこの台湾の事例が、日本も目下同様に直面している金融・資本市場のグローバル化への対応に対して、一つの有益な事例となりうるのではないかとする。
  単著   『アジア研究所紀要』   亜細亜大学アジア研究所   24号   1998/03

gakumu@asia-u.ac.jp(総合企画部学務課)
〒180-8629 東京都武蔵野市境5-24-10 亜細亜大学
Copyright©Asia university All rights reserved.