オオシマ マサカツ
  大島 正克   経営学部 ホスピタリティ・マネジメント学科   教授
    標題
  『複式簿記入門』
    概要
  執筆担当部分:第Ⅱ部・第9章、第11章、第12章、第14章、第15章、第16章全20章中6章(計245 頁中80頁)を担当。
本書は、複式簿記を初めて学ぶ人を対象に、その基本原理を中心に基本から応用にいたる領域を平易に解説したものである。第Ⅰ部基礎編、第Ⅱ部応用編より成る。第Ⅱ部に第9章現金・預金、第11章 売掛金と買掛金、第12章 その他の債権・債務、第14章貸倒損失と貸倒引当金、第15章 有価証券、第16章固定資産、を担当。B5判の大判とし、できるだけ例題を図解により説明することなでを特徴としている。

  共同執筆者:安國 一(執筆者代表、本学教授)安楽孝雄(前本学非常勤講師 )
  共著   創成社      1990/09

gakumu@asia-u.ac.jp(総合企画部学務課)
〒180-8629 東京都武蔵野市境5-24-10 亜細亜大学
Copyright©Asia university All rights reserved.