オオシマ マサカツ
  大島 正克   経営学部 ホスピタリティ・マネジメント学科   教授
    標題
  「韓国の商法と付加価値税法」
    概要
  執筆担当部分:Ⅱ韓国の商法-会社の計算規定を中心として-
本稿は、(共同研究)韓国の制度会計研究の一環として、1984年に改正された韓国商法のとくに第4章第7節の「会社の計算」を中心に逐条的に検討を加えている。その検討に際し、わが国商法との比較研究を若干試みている。具体的には、財務諸表体系と監査役監査、資産の評価・計上、資本の部の3点に焦点をあてて、今回の改正の狙いに迫ることを試みている。

  共著   『亜細亜大学経営論集』   亜細亜大学経営学会   20巻 2号   1985/03

gakumu@asia-u.ac.jp(総合企画部学務課)
〒180-8629 東京都武蔵野市境5-24-10 亜細亜大学
Copyright©Asia university All rights reserved.