オオシマ マサカツ
  大島 正克   経営学部 ホスピタリティ・マネジメント学科   教授
    標題
  「多国籍企業の計画・統制に関する一研究」
    概要
  執筆担当部分:Ⅳ シンガポール進出企業の事例研究-K社の場合-
本稿は、亜細亜大学経営研究所研究プロジェクト「多国籍企業の財務及び会計に関する新動向の研究-計画と統制を中心にー」と題した共同研究の最終報告を兼ねている。上記テーマにおける理論的水準と問題点の把握については、中間報告において検討したのであるが、さらに2年度目は、実態面への接近を試みている。具体的には、シンガポールにおける日本企業の調査を通して考察を進めている。とくに直接執筆したシンガポールへの進出企業(K社)の事例研究については、進出企業側と受入国側の利害関係を明確化し、さらに両者がその解決に対し、いかなる工夫をしているかを把握することを意図している。

  編共著者:徳永善昭(本学 教授)
  共著   『亜細亜大学経営論集』   亜細亜大学経営学会   20巻 1号   1984/09

gakumu@asia-u.ac.jp(総合企画部学務課)
〒180-8629 東京都武蔵野市境5-24-10 亜細亜大学
Copyright©Asia university All rights reserved.