オオシマ マサカツ
  大島 正克   経営学部 ホスピタリティ・マネジメント学科   教授
    標題
  「韓国における制度会計と会計教育の現状」
    概要
  執筆担当部分:Ⅳ 会計教育の現状
本稿は、(共同研究)韓国の制度会計研究の一環として、会計教育の側面からの考察を試みている。韓国における会計教育の現状を理解するため、韓国会計教育の歴史を概観し、さらに最近の大学における会計教育の特色を検討している。また、カリキュラム、教員の学歴、学位、テキスト等の比較を通して、韓国会計学への諸外国とくに日本とアメリカからの影響の相違の明確化を試み、最後に韓国における会計教育の諸問題とその改善について検討している。

  編共著者:山口年一(本学 教授)笠井賢治(本学 教授)夏目重美(本学 専任講師)
  共著   『亜細亜大学経営論集』   亜細亜大学経営学会   19巻 1号   1983/09

gakumu@asia-u.ac.jp(総合企画部学務課)
〒180-8629 東京都武蔵野市境5-24-10 亜細亜大学
Copyright©Asia university All rights reserved.